女性側からの配偶者の呼び方の意味を調べたまとめもあります。
夫なのか旦那なのか、なんて呼び方が正しいのか - Qurasu

妻という呼び方の意味

つま。他人に対して自分のつまをいう語。家内。

さい【妻】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

この意味だと、妻、家内は自分の配偶者という意味で合っているようです。ここで出てきた家内を次に調べてみました。

家内という呼び方の意味

家の中。屋内。 家族。 妻。ふつう、他人に対して自分の妻をいうときに用いる。

かない【家内】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

先ほどと同じ意味ですね。言い方の違いだけで妻と家内は一緒の意味のようです。

だた、家の中などの意味もあるようです。

嫁という呼び方の意味

結婚して夫の家族の一員となった女性。 息子の妻となる女性。 妻。また、他人の妻をいう語。

よめ【嫁/娵】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

嫁というのは親が言ったり、他人の妻をいうようですね。この意味では、自分の配偶者をいう場合にはふさわしくないように思います。

女房という呼び方の意味

妻のこと。多く、夫が自分の妻をさしていう。 女官の部屋。 貴族の家に仕える侍女。 中世・近世、一般に女性、また、愛情の対象としての女性のこと。

にょうぼう【女房】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

女房には妻という意味もあるようですが、ほかの意味もあるようです。家内に近い感じですかね。少し響きが古い感じがします。

奥さん、奥様という呼び方の意味

他人の妻を敬っていう語。「おくさま」よりややくだけた言い方。

おくさん【奥さん】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

この意味だと「うちの奥さんが..」とかは正しくないみたいですね。他人の妻を敬っていう言葉らしいです。

相方という呼び方の意味

一緒に物事をする人。特に、コンビ漫才などでのパートナー。相手。相棒。 (「敵娼」とも書く)遊里で、客から見て相手の遊女。 近年は若者を中心に、恋人や配偶者をこう呼ぶこともある。

あいかた【相方】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

照れなのかわからないですが、相方って呼ぶ人意外と多いですよね。若い人だけでなく30代でもいました。

連れ(ツレ)という呼び方の意味

一諸に伴って行くこと。一緒に行動すること。また、その人。同伴者。

つれ【連れ】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

行動を一緒にする人という意味ではあっているのかもしれないですが、配偶者としての意味合いが弱いみたいですね。

彼女という呼び方の意味

三人称の人代名詞。話し手、相手以外の女性をさす語。 愛人、恋人である女性。

かのじょ【彼女】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

なんとなく慣れもあって彼女という呼び方に逃げていたのですが、やはり彼女には配偶者の意味合いはないようです。

表にまとめてみました

呼び方 意味
他人に対して自分の妻をいう
家内 他人に対して自分の妻をいう
他人の妻をいう
女房 夫が自分の妻をいう
奥さん、奥様 他人の妻を敬っていう
相方 相棒
連れ 一緒に行動する人
彼女 恋人

これでいうと、「妻」になりますかねー。

まだ自分の中では慣れないので、彼女と併用しつつ妻といえるようにしていきたいと思います。