今年1年、いろんな方にお世話になりました。
ここに感謝申し上げます。


 


今日も雪でした。
寒すぎます。


 


今、原籙の「私が殺した少女」を読んでます。
直木賞受賞作品だし、評判がよかったから期待してたけど、あまり面白くない。
だから時間がかかってます。
読むのをやめちゃおうかな。


 


今年のお正月は帰省しません。
どうせ雪が降って車じゃ帰れないから、もし帰る予定だったとしてもあきらめてたでしょうけど。
だからお休みの間は久しぶりに映画でも見に行こうかなあって思ってます。
見たいのは、宮部みゆきサン原作の「理由」と、郄村薫サン原作の「レディ・ジョーカー」。


「理由」はWOWWOWで既に放送されてて、すごく評判がよかったそうです。
宮部みゆきサンの作品は「クロスファイア」と「模倣犯」が映画化されてますけど、模倣犯は最悪でした。
ただ今回は森田芳光監督ではなく大林宣彦監督ですから、今回は期待しちゃいます。


「レディ・ジョーカー」は郄村薫作品の初の映画化。
原作は部落差別問題が背景に存在してるので映画ではおそらくオミットされることでしょう。
あの重いテーマをどう映像化するか、とっても興味があります。裏切られる可能性も高そうですけどね。
それにしても、合田雄一郎役は、21世紀の裕次郎、徳重聡さん。ちょっと若すぎませんか?
その理由は、同じ合田刑事が登場する「照柿」を読むとおわかりいただけると思います。