今週のメモ:奨学金制度は国力増大化の仕組みでもある?

奨学金についてまったく知識がなかったのでセミナーを受講してみました。

奨学金の主な目的は大学に進学するなどの教育を受ける機会を平等に提供することである。そして奨学金は借金ではあるが、投資でもある。進学する費用を払い、将来のリターンを得る。なんとなく大学に行っては、投資をリターンすることができず、奨学金を返済できない状態になってしまう。明確な目標なく、進学すると浪費になってしまうということだ。返還金の減免制度や据え置き制度など返済が難しくなった時のセーフティネットも多数用意されているようでもある。なぜにここまで親切に制度設計がされているかというと、教育の機会を提供することで、より付加価値の高い大人となって社会に還元してもらう。投資した分のリターンを期待しているからである(私個人の見解です。化粧品の宣伝みたいですが)

奨学金制度を学んだら、投資の考え方が基準となっていたので取り上げてみました。詳しいことは奨学金の動画を見るとよいと思います。丸投げ!!

そうだったのか!奨学金 通常版 - YouTube